学生の頃は気にならなかったのに、社会人になってから急に自分の歯並びが気になりだしたという人は多くいます。しかし、大人になってから歯列矯正をするのと、子供のうちにするのとでは矯正費用や期間も大きく異なります。メリットデメリットを踏まえた上で早いうちに歯列矯正について考えておくことが大切です。また、大人になってからも自分の健康な歯を保つために知っておきたい情報などもご紹介していきます。

裏側矯正でこっそり歯並びを治す

八重歯や乱杭歯などで歯並びが良くない人は、口の中を怪我しやすかったり虫歯や歯槽膿漏になってしまったりと、何かと口周りの問題が生じやすい傾向があります。
こうした歯並びを整えるためには歯医者さんで歯の矯正治療をすることが一般的ですが、矯正装置は見た目の問題もあって、使用する際に抵抗を感じるという人も多いのではないでしょうか。

矯正治療全般に言えることですが、歯の矯正には時間がかかり、その期間中はずっと矯正装置を口のなかに入れておくことになります。
しかし、接客業をしている人など、場合によってはいつも矯正装置を付けていることが出来ないという人も多いかもしれません。

そういった場合に便利なのが、裏側矯正です。
裏側矯正は舌側矯正やリンガル矯正とも呼ばれ、表側矯正と違って外から見た時に矯正装置が見えないような歯の矯正方法です。
リンガル矯正をする場合には、まず口のなかの歯型を取って、それに合わせた矯正装置を作ることから始めます。

前歯の出っ張りや乱杭歯などは表側矯正でしか出来ないのではないか、と考えている人もいるかもしれませんが、表側矯正で可能なことはすべて裏側矯正でも可能になっています。
歯並びがひどく悪くて噛み合わせの際に支障が生じているような人であっても、裏側矯正によって歯並びを綺麗に整えることが出来ます。

表側矯正でも最近では白い色のブラケットを使用するなど、目立たない矯正方法が増えてきていますが、リンガル矯正の場合には矯正装置が完全に歯の裏側に隠れる形となっています。
以前は極端な乱杭歯などは表側矯正でしか治すことが出来なかったのですが、近年では矯正装置に使用するワイヤーの性能が上がってきているため、ほとんどのケースで綺麗な歯並びに治すことが可能です。

裏側矯正に使用する矯正装置はオーダーメイドになっていて、それぞれの患者さんの歯並びに合わせた形で作られます。
治療にかかる期間は表側矯正とほぼ同じです。
裏側矯正だからと言って、より長い時間がかかるということはありません。
歯医者さんは患者さんの歯の状態を確認した上で、歯並びが最適な状態になるようにそれぞれの矯正装置を作成することになります。

裏側矯正のメリットとしては、器具が完全に歯の裏に隠れるために見た目が良いことの他に、虫歯になりにくくするという効果もあります。
歯の裏側は常に唾液が触れる状態となっているために細菌が繁殖しにくく、表側矯正をする場合よりも虫歯になりにくいのです。
また、歯磨きのしやすさという点でも表側矯正よりも優れています。

デメリットとしては、若干費用が高くなることと、舌が矯正装置に触れるために発音がしにくくなる、といったことが挙げられます。
こうした問題を除けば、裏側矯正は表側矯正とほぼ同じような効果を得ることが出来ます。
もし歯並びにコンプレックスを持っているけれど表側矯正はしにくいと考えているのであれば、裏側矯正を試してみることがおすすめです。