学生の頃は気にならなかったのに、社会人になってから急に自分の歯並びが気になりだしたという人は多くいます。しかし、大人になってから歯列矯正をするのと、子供のうちにするのとでは矯正費用や期間も大きく異なります。メリットデメリットを踏まえた上で早いうちに歯列矯正について考えておくことが大切です。また、大人になってからも自分の健康な歯を保つために知っておきたい情報などもご紹介していきます。

歯列矯正は、乱れた歯並びを整える歯科治療のことを指します。
歯列矯正治療は子供でも大人になってからでも行うことが出来ますが、治療を開始する年齢によって治療方法や治療費用に若干の違いが見られることがあります。

まず、子供のうちに行われる歯列矯正治療は、その後の成長を見据えて行われます。
乳歯が残っている状態で行われる一期治療では、永久歯がきれいに生え揃うように上下の顎のバランスを考慮した治療が行われます。
次に永久歯が生え揃っているという状態は子供とは言えども基本的な治療法は大人の治療と同じです。
一期治療から治療を開始した場合には、二期治療が安価に設定されていることが多いようです。

一期治療と二期治療

一期治療では、顎の骨格を矯正するという方法がメインとなるため、治療に使用されるのは歯の内側にプレート上のものをつけ、顎を広げるという方法やマウスピースを用いる方法が中心となります。
二期治療は大人に対して行う歯列矯正治療と同じブラケットと呼ばれる矯正装置を歯に装着して歯並びを整えるという方法が中心となります。

子供の歯列矯正のメリット

子供のうちに歯列矯正を行うメリットとしては、上下の顎のバランスや大きさを整えることが出来ることや抜歯のリスクを減らすことが出来ることが挙げられます。
他にも費用を抑えることが出来たり定期的にチェックをすることで虫歯の予防につながるということがあります。

子供の歯列矯正のデメリット

子供のうちに歯列矯正を行うデメリットとしては、個人差はあるものの、治療期間が長期にわたることもあります。
これは、顎の成長が終わるタイミングは人によって異なるためです。
顎の成長が終わるまでは継続して治療を行う必要がある場合には、必然的に治療期間がながくなります。

そして、歯にブラケットと呼ばれる矯正装置を取り付けるとそこに食べ物のカスなどが溜まりやすい状態になります。
凹凸が多く、歯ブラシが上手く届かないと汚れが溜まってしまい、虫歯や歯周病のリスクが高くなる可能性があります。

大人が歯列矯正を行うという場合、治療を受ける本人がその必要性を感じて行うものですが、子供の場合は保護者が必要性を感じて治療を受けさせるということがほとんどです。
ブラケットを用いる方法にしろ、マウスピースを用いる方法にしろ、見た目が気になったり治療を受けることがストレスに感じてしまう場合もあります。
特に、マウスピースのように自分で取り外しをすることが出来るものと使用した治療の場合、治療を受けている本人のやる気によって、治療期間や治療結果が左右される事があるというデメリットがあります。

歯並びが悪い人は大人になったら確実に歯列矯正しよう

子供のうちに歯列矯正を受けることが出来なかった、タイミングを逃してしまったという場合には、大人になり、自分で仕事をし、収入を得るようになってから治療を開始しても十分に間に合います
歯列矯正は見た目を改善するために行うという人も少なくはありませんが、それだけではなく、全身の健康状態にも良い効果がありますので、治療を受けようと思ったタイミングで受けることをおすすめします。

歯を矯正するメリットとしては、まず見た目が良くなります。
そして、歯の手入れが行いやすくなりますので、虫歯歯周病のリスクを軽減させることが出来ます。
また、歯がしっかりと噛み合うようになると、咀嚼をすることが出来るようになります。
食べ物を細かく砕くことが出来ますので、胃腸に与える負担を減らすことが出来るというメリットがあります。
中には、歯列矯正を行ったことで、歯ぎしりが治まったという人もいます。

普段の生活ではあまり意識することではありませんが、歯並びやかみ合わせが悪い状態は体全体のバランスが崩れている状態であると言っても過言ではありません。
一つのバランスが崩れると、それを補うために他の部分に負荷がかかり、肩こりや腰痛、頭痛などの症状の原因となることがあります。
歯列矯正を行うことで、全身のバランスが整い、様々な不調が改善されるかもしれません。

歯並びを綺麗にしたいと思った時のために、知っておいてほしい情報があります。
それは、神奈川県の横浜で歯列矯正を受けるべきであるということです。
横浜の歯科クリニックはただ治療するだけでなく、患者の考えに寄り添った治療を施してくれます。
口元にコンプレックスを抱え、素直に笑うことができなかった方も、笑顔を取り戻すことができるでしょう。

歯列矯正方法

歯列矯正の方法はいくつかあります。
一般的に行われているのは、歯の表面にブラケットと呼ばれる矯正装置を取り付ける方法です。
最近は、透明な素材も使われるようになってきているため、治療時の見た目を気にする必要は殆どありません。

歯のズレがそれほどひどくはないという場合には、マウスピースを用いた治療法が行われることがあります。
マウスピースは自分で取り外しをすることが出来ますので、歯の手入れがしやすく虫歯や歯周病のリスクを減らすことが出来ます。
また、マウスピースは透明な素材で出来ていますので、つけていても他人にバレにくいようです。

歯列矯正は開始すると終了するまで多くの時間と費用がかかります。
仕事をしているとなかなか時間に余裕がないということもあるかもしれません。
治療を開始するのでれば、出来るだけ余裕を持って行うようにしましょう。
わからないことや不安に感じることがあれば、治療を開始する前のカウンセリングで確認すると良いでしょう。
可能であれば、一つではなく幾つかの歯科クリニックに相談をしても良いかもしれません。